納骨ができるまで

東京で遺骨を安置しようと検討している納骨堂が見つかったならば、事前に納骨までの流れを把握しておきましょう。把握している事でいざ納骨を始める時に焦る事もなくなるでしょう。

法要の内容

東京をはじめ全国の納骨堂では安置された故人の遺骨を供養として法要を行ってくれます。ですが、法要の意味がいまいちピンと来ない人もいるではないでしょうか。法要にはいくつか種類があってはっきり違いもあるのです。

手を合わせている女性

注目されている永代供養

現在、全国に多くの納骨堂が存在しています。その数は400もあるそうで、墓地を作る土地がない都心部にはとてもありがたい施設になっています。
そして、お墓や納骨堂などを調べて検討する上で「永代供養」という言葉をよく見かけるのではないでしょうか。この永代供養は東京などの都心部では、街中や電車などの広告のいたるところで見かける事が多いです。
東京という都会の街中でなぜ納骨堂をはじめ永代供養を多く広告を使用して宣伝しているのでしょうか。
「独身だから子どもがいないし、お墓を建てたってお参りするとかの後継者がいない」、「墓石代や永代供養料が高くてお墓を作る事ができない」、「先祖代々のお墓が遠方にあるのでお参りがなかなかできない」。
このように現代社会の悩みの要請を受けて近年永代供養の需要が大きくなっています。そもそもまず永代供養ってなんなんだという人もいるでしょう。
永代供養とは、寺院などが運営している納骨堂などで遺骨の管理、そして供養を一定期間行うシステムの事を言います。一定期間は標準的に三十三回忌が一般的となっています。
従来お墓に故人を安置して子孫が代々受け継いで供養していくという風潮でありましたが、現代は少子化問題で家族構成が変容しておりお墓の後継者不足が問題となっています。
そこで後継者がおらずとも永代供養ができる施設として納骨堂が人気で、東京では納骨堂を多くの人が利用しています。そして、東京の納骨堂は外観もモダンな外装をしており、内装ももちろんオシャレで清潔な環境になっています。
屋内の清潔な環境の中で遺骨が安置されてそのうえアクセスしやすい立地にあって永代供養もしてくれる、このように納骨堂は新しいお墓のかたちとして注目されています。

人意外の納骨堂

納骨堂は亡くなった人の遺骨を安置する場所ですが、東京には人意外にもペットの納骨堂もあるのです。現代ではペットも立派な家族なので安らかに安置する場所があるのです。