人意外の納骨堂

納骨堂では故人の遺骨を様々な種類の収容スペースに安置した終の住みかです。納骨堂は人の遺骨を安置する施設というのが一般的でありますが近年、東京にある納骨堂では人以外の納骨堂も存在しています。
それは亡くなったペットの遺骨を安置する納骨堂が東京にはいくつか存在します。現状では、亡くなったペットの遺骨をペット霊園でお墓を造って安置させたり、自宅で骨壷を置いていたりする人も中にはいます。
そして、少数派ではありますが、東京のペットの遺骨を安置できる納骨堂を利用している人もいます。昔では庭に埋めたり火葬して遺骨を山に散骨したりする人もいましたが、現代ではそのような風潮と人々の意識が変化してきました。
現代ではペットだって立派な家族の一員という意識変わっており、これらのような事はせずにちゃんと供養して火葬するようになってきています。
そのため、ペットが亡くなった時に個別で火葬を行い、祭壇を作り葬儀をあげて専用のお墓へ埋葬するという専門の業者も存在しています。この様にペットを大切にする人達のために東京にもペットの納骨堂が建てられています。
ペットの納骨堂も屋内で雨風にさらされず安全に安置されています。収容スペースは主に棚型やロッカー型のタイプが多いようで、遺骨の安置するそばにはお花や写真立てを飾れる事ができる納骨堂が多いようです。
さらに、ペット霊園でお墓を造って安置するより費用も安く、最高額でも数十万の費用のようです。また、お参りはいつでもして良いという納骨堂が多く、料金はお坊さんなどに供養をお願いしなければ無料となっています。
自宅に骨壷を置いてある人は一度東京にあるペットの納骨堂を検討してみて下さい。家族の一員であるペットの遺骨を納骨堂やお墓に安置してあげる事が自然だと思われます。